雨漏り箇所を見逃さない防水工事業者【丁寧な屋根調査】

見逃してはいけない雨漏り発生のサイン【早期発見で家を守る】

点検のQ&A

業者は雨漏りの防水工事を行なう前に、屋上のどこから水が侵入したかを調べます。その際、プロの視点から雨漏りが発生しやすい箇所を重点的に調べるため、すぐに水が侵入した箇所を発見できるのです。

まとめ

防水工事を行なう業者は、屋上だけでなく建物の隅々まで点検を行なった後に施工を行ないます。雨漏りが起こる場所は一箇所だけでなく、複数箇所に及んでいる場合もあります。そういった事態を考慮し、業者は一箇所のみの点検や施工にこだわらず、建物を全体的に点検するのです。

点検に掛かる時間

点検では建物全体を調べるため、かなりの日数が必要となると多くの人は考えるでしょう。しかし、実際には半日か一日程度で済むので、それほど待たされることはありません。もちろん原因が特定されなければ、詳しく調べるためこの日数以上の時間が掛かる場合もあります。しかし、多くの場合は目視で発見ができます。点検を行なう人も資格を有している人であるため、調査ミスなどもなくしっかりと雨漏りの起きた箇所を見つけ出してくれます。

TOPボタン